GoogleAppScriptとは【GAS】

Google App Scriptとは

GoogleAppScript(GASと呼ばれます)とは、Googleが提供しているプログラミング言語です。

基本的には、JavaScriptと同じ書き方ができます。

GASの利点として、Googleが提供しているサービス(スプレットシートやGmailなど)との連携が容易に行える点です。

(例えば、特定のタイトルのGmailが送られてきたら、スプレットシートに転記するなど)

■GASを使用する前の準備

Googleアカウントを作成しておいてください。

GoogleDriveで、色々作業をします。

■GASの使い方

GoogleDriveでスプレットシートを作成し、開きます。

「ツール」の「スクリプトエディタ」を選択します。

これで、GASを使用する準備ができました。

面倒な環境構築などは一切必要ありません。

■GASの関数実行

「関数を選択」のプルダウンから、実行したい関数を選択し、「スタートボタン」を押下することで実行できます。

ちなみに、初回実行時には、権限確認が表示されますので、画面の操作にしたがって許可してください。

■コンソールログの出力

GASのコンソールログは以下の書き方で出力できます。

Logger.log("コンソールログ");

出力したログは、「command + Enter」を押下するか、「表示」の「ログ」を選択する事で確認できます。

コメントを残す