定数クラスの作り方と呼び出し方【React】

■はじめに

ソースコードで共通の値(APIのURLなど)を使用するのに定数クラスがあると非常に便利です。

仮にAPIのURLが変わってもその定数クラスを書き換えれば終わります。

ここで、定数クラスの書き方を記載します。(他にも方法はあると思いますので、一例程度で。)

■手順

定数クラスを作成します。

「Const.js」を作成し、以下のように記載してください。(定数は任意で追加、削除してください。)

class Const {
API_URL = 'http://hogehoge.com';
SAMPLE = 'sample';
}
export default new Const();

呼び出す際には以下のようにインポートします。(パスは環境に合わせてください)

import Const from './Const';

インポートすると以下のような感じで呼び出しができます。

// Const.API_URL
console.log(Const.API_URL);
// Const.SAMPLE
console.log(Const.SAMPLE);

コメントを残す