Reigle 技術ブログ

プログラミング、IT関連の記事中心

Knex.js での SELECT クエリのソート方法

目次

Knex.js での SELECT クエリのソート方法

Knex.js は人気のある SQL クエリビルダで、Node.js のアプリケーションでよく使用されます。
この記事では、Knex.js を使用してデータベースからデータを SELECT し、特定の列でソートする方法を学びます。

Knex セットアップ

まず、Knex を正しくセットアップする必要があります。

const knex = require('knex')({
  client: 'pg', // 使用するデータベースによって変更 (この例では PostgreSQL)
  connection: {
    host : '127.0.0.1',
    user : 'your_database_user',
    password : 'your_database_password',
    database : 'your_database_name'
  }
});

上記のコードでは、PostgreSQL を使用する設定を示しています。
必要に応じて、データベースや接続情報を変更してください。

SELECT クエリのソート

次に、SELECT クエリを実行し、orderBy メソッドを使用して結果をソートします。

knex('your_table_name')
  .select('*')
  .orderBy('your_column_name', 'asc') // 'asc' は昇順、'desc' は降順
  .then(rows => {
    console.log(rows);
  })
  .catch(error => {
    console.error(error);
  });

この例では、your_table_name テーブルからすべてのカラムを選択し、your_column_name カラムの値で昇順にソートしています。

注意点

実際のアプリケーションでクエリを実行する際には、エラーハンドリングやデータベースリソースの適切な管理を忘れないようにしてください。